「古事記を伝える」の記事一覧

カミムスビノカミは量子力学

古事記を伝える

古事記では最初に宇宙誕生の話が出て来る。 ざっくり説明すると ビックバン(宇宙誕生)が誕生し すべての中心を表す アメノミナカヌシノカミ(天之御中主神) 宇宙が存在するのだと 『認める』という概念を説明する タカミムスビ […]

タカミムスビノカミとは脳科学

古事記を伝える

古事記の序盤には 宇宙の成り立ちについて語られている。 そこで出て来る神は アメノミナカヌシノカミ(天之御中主神) タカミムスビ(高御産巣日神) カンムスビ(神産巣日神) 古事記で2番目に語られる タカミムスビ(高御産巣 […]

ヤマタノオロチ伝説から見る技術者

古事記を伝える

なぜ古事記を伝えるのか? 古事記や日本神話では経営学だったり、 政治や科学、数学のことを 実は例え話で伝えているんだな。 なので、古事記を知ると 人間の心理学や、かけひきを学ぶことができて、 日常生活においての悩みの解決 […]

ページの先頭へ